記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    続きを読む

    虹があること、世界を君に。

    もしも世界がこんなふうに写ったら、君はきっと、驚くに違いない。でも、そうした瞬間に、僕らは出会っている。いつでも、駆け上がるだけが世界じゃなく、「見方が世界を決める」わけじゃないんだ。この違いに、気がつけるのなら君は凄い。...

    続きを読む

    刻む。

    鼓動とは別に流れるリズムを叩くから、時々、おかしくなるのだろう。より自然に、それに身を任せることが、ちょうど心地よいメロディーを呼ぶのだろう。タクト。聴こう。(書:写真:Siomusubi 詩:蒼)...

    続きを読む

    SUIT

    スーツ。パリッと着こなす。変わらぬ日常を、鏡に映し出しているようだ。僕の敵は、「オホメタシス」。そして、流れ続ける蒼い血だ。塞がらない傷口に、セメントを押し込んでも、一回り心が大きくなったように見えるだけだ。メモ帳は、もう花粉でまっ黄色だ。それに、汗と薬で形を変えてしまっている。笑っては、泣いて。拳に力を入れては、ひらいた掌の渇きを見つめる。書いているときはこうして、キラキラと金粉をまとっている。...

    続きを読む

    広げれば、想いの果てよ。

    「どれだけの思いをもってしても、伝わらぬものがあるというのか?」いいや、、、そんな時こそ、貫く勇気が欲しい。掌を空に、広げれば大地。空を見つめるならそれは、真。かけがえのないものを、いつまでも、こうしている今も、抱き続けよう。変わらぬ思い。それだけを、信じ続けよう。...

    続きを読む

    眠れる巨人。

    こんなに空が、近いから。勇気をもって、歩いてゆこう。広い心を、天に貼り付け。翔る、うさぎに想いを載せて、ゆっくり、はじめよう。「青の影は、何色なの?」問いかける僕に、誰かが言うよ。「それはきっと、ムラサキじゃないか?」きっと彼には白が、見えないんじゃない?それでも映るのなら、それでいい。光の中に、道が通る。緩やかなカーブ、車をとめて、届けよと。空に、願う。手を伸ばせば、届きそうな、それでもまだ、目...

    続きを読む

    進むから、見える影。

    揺るがぬものが一つあるのなら、それは一つの勲章のようなもの。消えることのない代償に、超えようとした壁に付けた傷。ぬかるみにはまるなら、踏み固めるべく足を踏み鳴らせ。それでもダメなら、日照りを待つ。進むものにしか見えない影、去り行くものか、それとも友か。己の意思で捉えよ。(書:写真:Siomusubi 詩:蒼)...

    続きを読む

    問いかけ。

    助けを求めても、誰にも声が届かない。苦しい日でも、耐えろというのだろうか。帰りたい日々を想い、進む未来は見えず。ただ、導かれるなら、それに従いたい。心が、凍りつく様なことも、心が、消えそうな、そんなときでも、このまま苦しむだけなら、それでも、その意味を問い続けている。...

    続きを読む

    全てのあなたの心を、あの子へ届けよう。

    自然体でいい。個性的でいい。でも、愛だけは、忘れちゃいけない。心で泣いていい。言葉で、憤っていい。でも、愛だけは、忘れちゃいけない。笑顔でも、怒っていても、それでいい。全てであなたを、あの子へ表現しよう。そして、全てであの子を、受け止めよう。...

    続きを読む

    探究心の、枝分かれ。

    はじける思いはひたすらに、朝が始まり、上り調子の昼下がり。どうしてこんなに、思いは変わる?いいときもあれば、悪いときもある。それでも、どこを歩くか、決めるか、従うのか、導かれるのか、漂うのか。選ぶのは、いつも自分なんだよね。いくつもある選択肢、いくつあるんだろうか?...

    続きを読む

    繋がりのきっかけは、いつも小さな破片。

    人の記憶は、なんとも面白いものだなぁ。ある一点を思い出せば、あるときまた一転。ころころと、「そこと繋がりますか!」と思う、そんな場所へと、僕を連れて行くんだ。どうしてそんな綺麗に、覚えていられるの?それとも、場所なんてなくて、「その時」なんてなくて、今しかありえないものなのかなぁ。不思議な気持ちも、スグに納得するのだけれど。やっぱり、不思議なものだなぁ。...

    続きを読む

    プロフィール

    sekainomadogiwa

    Author:sekainomadogiwa
    ・はじめまして!

    「大人の心を、世界の窓際から癒すブログ」を目指しています。イラストや写真などからインスピレーションを受け、文章を書いています。今は、「杜の窓際舎」という出版社のオフィスから更新していますが、近いうちに「色々な場所(世界の窓際)」から、あなたに癒しをお届け(更新)して行きたいので、こういったタイトルにしました。

    ・クリエイティブな方へ!

    このブログの「写真、イラスト」を見て、「私なら、僕ならこう(書く、描く)などありましたら、お気軽にコメント欄に書き込んでください。きっと、あなたならもっと素敵なものをクリエイトするでしょう!

    また、このブログの記事からインスパイアされて、「絵本(お話)書きました!短編、小説書きました!ラインスタンプ作っちゃいました!など、大歓迎です!(あくまでもインスパイアで。コピペなどは×ですよ!)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。