記事一覧

    「光さす、朝に想う」

    「一体、どうなっているんだ!?」カルク、転がしたハズの、軽はずみは、こうして気がつけば大きな道しるべに。「進むべくして、進んで来たんだろ?」もう一人の僕がこんな僕に問いかける。だから、答えた。「あぁ、そうさ全て」全てはあるが若くして、そこにある。迷いはないよ。ただ、道があるから、進むだけだ。...

    続きを読む

    影落とす時、光が際立つもの。

    どいだけ、おいらは、あせってみても、変えられない、ものってのがあるんだ。やれ、「あれをせい、これをせいよ」と、言われても、こころのどっかで疼いてる。そいつが、なんなのか?今は見えぬ、ものだとしても。きっと、いつかはみえるもの。だから、あせることを、辞めにした。風に肌を、水に瞳を。雲には愛を実。もちろん、君のことを、想うこと。「こんな暗闇に、どこへ行く?」と、時に心配もしたけれど、きっと君は、一人の...

    続きを読む

    忘れてなんかいない、誰の心にも。

    「フィオー!」その時、誰かが呼ぶ声がした。だから、思い切り駆け出した。迷うような日にこそ、もう一度、確かめたいものだ。小淵沢の駅。そこには、ずっと憧れだった、彼の姿があった。子供の頃よく遊んだ、Nゲージ。今でも、こうして声をかけてくれる。だから時のトキメキはやめられない。...

    続きを読む

    春の風そっと、時に吹く。

    春の風がくれた喜びの、歌は、きっと、君のところにも届く。ここが少し、遅れて届くのか、春を手に取ることを拒んだか。いつになく揺らぐ、庭の土が、見えて初めて気がつくことも。きっと僕は記憶の結晶で形を、作り出しているだけなんだ。本当は全てこの風のように、動いている。揺れている。形など、何一つないのだ。...

    続きを読む

    表現者たちは、海のように蒼く。

    誰かが言ったよ。「イメージと違う」って。じゃあ、一体誰が、その世界を映すのか。そこにある写真をただ言葉にして、何が面白い?きっと、「うつせないこと」への妬みなのだろう。しかし、それも一つの宇宙(そら)なのだろう。認めるよ、「空」にね。...

    続きを読む

    プロフィール

    sekainomadogiwa

    Author:sekainomadogiwa
    ・はじめまして!

    「大人の心を、世界の窓際から癒すブログ」を目指しています。イラストや写真などからインスピレーションを受け、文章を書いています。今は、「杜の窓際舎」という出版社のオフィスから更新していますが、近いうちに「色々な場所(世界の窓際)」から、あなたに癒しをお届け(更新)して行きたいので、こういったタイトルにしました。

    ・クリエイティブな方へ!

    このブログの「写真、イラスト」を見て、「私なら、僕ならこう(書く、描く)などありましたら、お気軽にコメント欄に書き込んでください。きっと、あなたならもっと素敵なものをクリエイトするでしょう!

    また、このブログの記事からインスパイアされて、「絵本(お話)書きました!短編、小説書きました!ラインスタンプ作っちゃいました!など、大歓迎です!(あくまでもインスパイアで。コピペなどは×ですよ!)